浮気調査の値段は全国ドコの場所でも同じですか?

浮気調査は個人でもある程度は行うことができますが、やはり将来裁判に発展することなども考えて、確たる証拠をとっておくことも大事です。
とはいえ、証拠となる写真撮影をターゲットに気づかれずに行うのは簡単ではありませんし、調査には根気よい尾行、張り込みなども必要となりますので、素人ではかなり難しいと言えるでしょう。

そういった場合は探偵による浮気調査を利用しておくこともおすすめです。プロならではのノウハウ、豊富な実績でしっかりと調査を行ってもらうことができますし、機材も特殊なものを用意していますので、夜間や遠方からの撮影にも対応してもらうことができます。

そして、気になるのはやはり調査にかかる費用です。浮気調査の値段はどこでも同じなのかということとなりますが、地方によって相場は違いがありますし、調査内容によってもかなり変わってきます。
簡単な調査や短期間の調査であれば比較的安く抑えることができますが、長期の調査となったり、大勢の調査員を導入する、証拠となる写真を撮影する、浮気相手についても調査するなどとなると、それだけ多くの費用が発生することとなります。

安心して調査を依頼するためには、まずは探偵社の評判はよく確認し、良質な調査を良心的な価格で行ってくれるところを選びましょう。
そして、浮気調査を行う前には相談や見積もりが行われますので、トータルでどれぐらいの費用が必要か、追加で費用が発生しないのかはよく確かめておきましょう。

もう1つ気になるのは浮気調査の方法や取り組む姿勢ではないでしょうか。探偵の浮気調査の方法とは一体どういったものなのか、それは一般人には知る良しもありません。一応建前は、相手の後を付ける尾行と呼ばれる調査方法がメインとなりますけど、実際はそんな単純なものではないようです。

物陰に隠れ、数百メートル先から見張り、足音を立てずにしのびより、他人の振りして話かける・・・そんなところでしょう。

浮気調査の結果報告書の作成にかかる値段とは

探偵に何かの調査を依頼したことがない人は、相場がどのくらいか全く想像できないでしょう。探偵の場合は、浮気調査が多いのですが、その費用は決して安くありません。一人の探偵だけでできるわけではありません。

普通の大人が数日間、一人の人に張り付いている状況を考えれば、時給で計算しても高くなるのです。もちろん、それは人件費だけのことです。浮気調査をしましたと言うだけでは、依頼主が納得するわけはありません。探偵に対して多くの要求をするのです。つまり、依頼主の要求が高いため費用がかさむ傾向にあるのです。人件費以外の費用を考えてみましょう。まずは、カメラで記録を取りますから、そのデータの整理をしなければなりません。ずっと張り付いているなら、別の人がその作業を行うことになります。それから、データをDVDに焼くこともあるでしょう。もちろんセキュリティをかけておかなければなりませんから、その設備費の償却も入るでしょう。最終的には報告書としてまとめられますが、そのレベルも重要です。個人的に読んで、配偶者に対してきっぱりと言える証拠とする場合と、裁判になった時に証拠として使える書類は大きく異なります。つまり、作成のための手間が全く違うのです。その他に目に見えない部分で多くの手間がかかります。それらすべてを報告書の費用として請求されるのです。決して安い金額ではありません。特別な知識を持たないあなた作成したとしても、かなりの時間になります。探偵は専門知識がありますから時給で考えても高給取りなのです。

浮気調査の値段、1ヶ月で200万円の見積りが・・・

探偵への依頼としてよく持ち込まれるのが浮気調査ですが、この依頼をした人の中には提示された料金が高額であることに驚く人もいます。
とはいっても探偵の報酬と言うのは一般的に思われているよりも高額な物ですから、ある程度高い値段が提示されることは覚悟しておくべきでしょう。
調査が長期に及ぶもので、また調査範囲も広いとなるとやはり100万円単位での請求が来ることもあります。
ただ単純な浮気調査の見積りとして200万円が提示されるというのはほとんど無いと言っていいでしょう。
まずそもそも探偵の報酬の基本は時給制です。
現在の相場だと調査員を2名1時間調査に当たらせると1.5~2.5万円ほどかかり、車両費については無料から1.5万円の範囲内に収まります。
あとは経費がかかるくらいですが、仮に200万円を相場の時給で行おうとすると100時間の調査を行うことになると考えられます。
しかし家出人捜索などのいなくなった人を全国から探し出す大規模な調査ではない浮気調査で100時間の調査が必要かと言われるとかなり疑問です。
おおよその場合は怪しいと考えられる時間帯をピンポイントに狙って調査するものですから、200万円というのはかなり高額です。
もちろんもしその浮気調査が手がかりも何も無い、ただ依頼人が怪しいと感じただけということであればそうした高額な見積りが出ることもあり得るのですが、200万円の見積りをいきなり出された場合にはまず別の探偵事務所にも見積もりをもらって比較することをお勧めします。

探偵社のHP見ても値段が書いてない、この探偵社は危険?

探偵社のHPを見ても値段が書いていないというケースでは、たしかに少し疑ってみることは必要です。しかし、それだけでその探偵社が悪質な業者であると決め付けるのは早いでしょう。
興信所が請け負っている依頼は実にさまざまであり、依頼内容によって料金は変わります。浮気調査にしても、依頼内容を聞いてからでないと正確な料金は出せないというのが実情です。例えば、配偶者が浮気をする曜日や時間、利用するホテルなどがわかっているケースなら、探偵1人で調査ができることもあるかもしれません。利用しているラブホテルの出入り口が3つあるというケースなら、最低でも3人は調査員が必要になります。そのように、ケースバイケースで調査員の人数や、料金なども変わってきます。依頼内容を聞いてみないと正確な料金が出せないので、おおよその料金をHPに載せている業者もあれば、いっさい料金については載せていない業者もあります。

HPを見るときには、手抜きがされていないか、知りたい情報が書かれていて訪問者の気持ちを考えているか、会社の住所、代表者指名、固定電話の番号、探偵業者登録番号など、必要な情報がしっかりと書かれているかといったポイントをチェックしましょう。料金については、書かれていなくてもただちに悪質な業者であると決め付けるのではなく、メールや電話で相談をしてみて、対応を見てみましょう。HPに書かれているか否かに関わらず、料金に関するトラブルは多いので、実際に面談をしたときにしっかりと質問をすることは重要です。結論として、HPに料金が書かれていなくても、信頼できる探偵社はあります。

探偵という職業はわからない事だらけ、本当に大丈夫?

愛するパートナーが浮気をしているような気がする場合、何とかして確かめたいと感じるのではないでしょうか。

しかし、個人ではなかなか確認することは難しいでしょう。その場合は探偵に浮気調査を依頼すると良いです。しかし、探偵という職業はドラマでしか見たことがない人も多いでしょう。知り合いや家族に探偵がいるという人は、あまりいないのではないでしょうか。それだけに本当に依頼しても大丈夫なのか心配になる人が多く見受けられます。
まず探偵に依頼する場合、浮気のようなデリケートな家庭事情を話すことになります。そのためプライバシー面に関して、とても心配になる人が多いのです。しかし安心してください。信用第一でなければ探偵は務まりません。秘密厳守で業務を行うのが当たり前の職業なのです。依頼を成立させる際の契約書にも、プライバシーや情報を漏えいしない旨が記載されていることが多いです。
また依頼料が適性かどうかを気にする人も少なくありません。依頼した経験がある人は少ないため、相場が分からないのです。しかし今はインターネットが普及しているため、ホームページを用意している探偵事務所が増えています。そこを見ると大まかな料金は把握できるでしょう。もし分からない場合は、見積もりを依頼するとよいです。数社に見積もりをとることにより、相場を把握できます。探偵側もそれを理解しているため、相場から大きく外れた料金設定にしていることはほとんどありません。

探偵に人員追加の請求をされた、この値段は普通ですか?

浮気調査とは、伴侶のいる方の相手が浮気をしていないかどうか調査するものです。この調査には多数の人手がかかります。

例えば、対象の人物を尾行するのに、4人は必要です。なぜなら、対象の人物が車などで移動した場合に、追いかける必要があるからです。こうした難しい浮気調査を行う場合に、人員追加の請求が起こります。大抵の場合は1万円から5万円くらいが相場です。探偵の中には、悪徳探偵もいますので、そういった場合には、多くの請求が来ます。悪徳探偵は10万円を請求してくる場合もあります。こうした悪徳探偵にひっかからないようにするためには、まず、インターネットのサイトなどを見る必要があります。そこで、その探偵がどのような業績を積んできたがを調べるのです。良い探偵は、例えば、昔は警察官だったとか、あるいは、何十年もこの業界に席を置いているなどします。悪いところは、まず業績がありません。そして、探偵の組合に入っていません。

話は戻りますが、浮気調査には多額のお金がかかります。それを安く抑える方法があります。それは、最初から、浮気調査に関わる人員を決めておいてもらうことです。こうすることにより、人員追加の請求をされなくなります。また、尾行に使う車の台数なども決めておくことが良いでしょう。車を使うと、浮気調査の値段が上がります。なぜなら、ガソリン代などがかかるからです。また車両使用料も取られます。ですので、最初から1台使う、などと決めておくと、後から、追加請求されなくなります。

探偵が請求する値段、その内訳について教えて下さい

浮気調査などで探偵に調査を依頼すると、調査費用を請求されるわけですが、この内訳は大きく分けると「調査料金」と「経費」の2つに分類できます。

「調査料金」は、調査をするための基本料金と考えるといいでしょう。
調査を依頼するにあたってあらかじめ支払う「着手金」や、調査員の「人件費」がこれにあたります。その他、深夜・早朝に張り込みなどを行ったりする場合の「深夜割増料金」や危険を伴う場所・状況での調査を行う場合の「危険手当」もここに入ります。

「経費」は調査にかかった費用のことです。これは非常に多岐にわたります。
たとえばターゲットの尾行など、調査のためにはあちこちに移動する必要があります。その時に電車やタクシーなどの交通機関を使えばその運賃(交通費)がかかりますし、探偵事務所所有の車を使うにしてもガソリン代(燃料費)や高速道路料金、駐車場代、それに車両の使用代などがかかります。
ターゲットが入場料の必要な施設に入り、尾行のため探偵もその施設に入る必要がある場合は、その入場料も経費になります。
また調査のため遠方にまで出かける必要が生じた場合は出張費や宿泊費がかかる場合もあります。
証拠を写真やビデオに収めるための機材にかかる費用(機材使用代や記憶媒体代、現像などのデータ加工代)、さらに調査報告書の作成費用なども経費となります。

探偵事務所や興信所とのトラブルの原因は、調査費用についてのものが大部分を占めているそうです。
浮気調査などの依頼は、調査費用の内訳を明示してくれるような信頼のおける業者にお願いしたいものです。